コンテンツへスキップ

指定管理者

 指定管理者制度は多様化する住民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間のノウハウを活用しながら、住民サービスの向上と経費の節減を図ることを目的に、平成15年6月の地方自治法改正により創設されたものです。
 この制度は、民間事業者を含めた多様なサービス提供主体の中から最適な運営主体を選定し、住民サービスの質の向上を図っていくことで、施設の設置の目的を効果的,効率的に達成することに寄与します。
 こうなん区民利用施設協会は、これまでの区内の区民利用施設の運営を担ってきた実績と経験を踏まえ、更なる住民サービスの向上と効率的な施設運営を目指します。

Font Resize
背景色